IP Pipe

IP Pipe

リモートプロダクションを新たなレベルに

 

IPベースの機器の遠隔制御により、リモートプロダクション設備を強化し、コストを削減します。


LiveUのIP Pipeを使用することで、さまざまなネットワークベースの機器を遠隔制御できます

IP Pipe

Column 1 image

容易な遠隔制御

ロボットカメラやPTZカメラ、カメラコントロールユニット(CCU)、IPベースのインカムなど、すべての機器に対する遠隔制御の効率が向上します。

IP PipeによりLiveU送信機(LU800/610/600/300)側に接続された機器を、LiveU受信機側のネットワークとシームレスに接続できます。

Column 2 image

REMIワークフローを強化

LiveUのリモートアットホームプロダクション(REMI)ソリューションに含まれるIP Pipeを使用して、現場から中央の制作スタジオに複数の同期ビデオ映像を高解像度で伝送します。遠隔からの管理および制御の機能を追加することで、IP Pipeは運用効率の向上とコスト削減をさらに推し進めます。

 

Column 3 image

制作を革新

LiveUのIP Pipeによって画期的な新しい用途が広がり、制作チームは標準的なIP機器では不可能な新たな価値を手にします。ライブ制作は、現場のカスタムアプリケーションから取得した情報をリアルタイムに共有することで強化できます。たとえば、Griiipの自動車レース放送では、現場からテレメトリーデータを取得し、レースのライブ映像に状況把握に役立つデータをリアルタイムに合成することで視聴体験を向上させています。

{modulepos download_form}
GET OUR UPDATES!

Image for Updates